トップへ
お問い合せ・ご注文
電話
0120-223-667
FAX
0790-82-3662
メールアドレス
メール注文・問合わせ
カタログギフト商品申込サイト
カタログギフトをもらった方は上記から商品申込が可能です。
アイテム別カテゴリ

商品カテゴリー
ギフトマナーとアドバイス
QRコード
携帯サイト
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
株式会社イシザワ会社案内

■営業カレンダー■

休業日 日曜、祝祭日 定休
GMOとくとくポイント使えます

アフィリエイト紹介



カタログギフト無料請求
やっぱり贈り物はじっくり選びたい、予算を抑えたい方にオススメ!!

TOP > 敬老の日

敬老の日
敬老の日のマナー

 

いつ贈るの?
9月の第3日曜日が敬老の日。お祝いの品は半月前から前日までに届けたいものです。祝宴が開かれるときには当日持参しても結構です。

何を贈る?
本人の趣味に合わせたものや、日ごろ欲しがっているものがよいでしょう。自分で買うにはためらうぐらいのものがおすすめです。

表書き・水引は?
●表書き/寿・長寿御祝・寿福・万寿・敬寿・○○御祝
●水引/紅白または金銀蝶結び

気をつけることは?
●敬老の日にお祝いされると、公人の仲間入りをさせられたと不快に感じる方も。本人の以降を尊重することが大切です。


 

賀寿について
賀寿とは、長寿のお祝いのこと。
一般的には、干支が60年でひと回りする還暦からお祝いされてきましたが、平均寿命が
延びた現代では、まだまだ現役で活躍している方も多く見受けられます。還暦でお祝い
されると“老人扱いされた”と不快に感じ、失礼にあたることも。何よりも、本人の意向を
尊重することが大切です。
賀寿の名称

還暦[かんれき]60歳
古希[こき] 70歳
喜寿[きじゅ]77歳
傘寿[さんじゅ]80歳
米寿[べいじゅ]88歳
卒寿[そつじゅ]90歳
白寿[はくじゅ]99歳
茶寿[ちゃじゅ]108歳
皇寿[こうじゅ]111歳
珍寿[ちんじゅ]112歳
※112歳以上はきわめて稀なので、毎年お祝いします。

↑ページトップへ







ホーム - マイアカウント - プライバシーポリシー - お支払い方法について - 配送方法・送料について - 特定商取引法に基づく表記 - 会社概要 - お問合せ- サイトマップ
イシザワグループ 運営サイト
Copyright(c) 2009-2018 アピデ ギフト オンラインショッピング ishizawa All Rights Reserved.